最近のスピナーに足りないもの

  • Day:2012.03.31 17:58
  • Cat:kabu
ずばり洗練度なのでは

これは小技大技スタイル云々は抜きにしていかに自分が組んだFSに使った技を使いこなせているか
できる・できないだけの話なら俺だってコントパームスピンとかハイツアとかできます。
ただあまりFSに用いるほど使い慣れてないから敬遠してるだけ

懐古厨乙とか言われたらそれまでだけど昔、自分が始めたばっかの頃活躍していたのは思い返せば洗練された
技運びの人が多かった気がします。

現状はどうかというとやはり教科書にするものが多いからか暦が浅い?人が多く感じる
若株がグングン育つのはいいことだけど成長の過程で技の完成度を軽んじることだけは
やめたほうがいいんじゃないかとは思います。
ここでの完成度はできる・できないという単純な話ではなく、使いこなせるか使いこなせないか
もっと言えばかっこよく使えるかどうかです。
自分はペン回しはやっぱかっこいいかどうかなんでw
欲を言えばうまかっこいい、この動きかっこいいとか思わせるペン回ししてる人は総じて洗練度が高いです

表では自分は大技中心で組む人についてあまり口にしませんが、大技に関しては
先駆者のタイ人クラスに使いこなしてる人が少ないからです。
Supawitやpeemみたいに「これくらい朝飯前っすよw」ぐらいにやってると見てて気持ち良いしクールです

ただそういうタイ人が使いこなしている大技を入れて必死こいて撮影だけに時間を割いたような
FSは見ていて滑稽だし、技自体が2番煎じなので洗練度でタイ人に見比べらてしまいます
そうなると勝てませんよね、あの人達キチガイみたいな洗練度でキチガイみたいな難易度の技やるんですもん

小技は逃げに思われますが、小技が逃げというよりは大技で独自のスタイル・洗練度を確立するのが
恐ろしく茨の道だと思います。

難しい技を簡単にやるという矛盾がクールに魅せるメソッドなのかもしれません

というわけでどうしろと言いたいのかと言うと個々の技の完成度を高めるに尽きるんじゃないかと思います
基本だけどペン回しはこれに基づいているというかこれしか無いんじゃないかと思ってるぐらいです。

多様性を失うのは恐ろしいことですが多どころか一すら失って結局何がしたいのか分からないというのが
最も恐ろしいことだと自分は思っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。